8月 212019
 

※随時追記

今の VAIO Z 2015 から買い換えるための要件は以下の通りだった。

  • 13 インチ程度
  • CPU 4 コア以上
  • メモリ 32GB 以上
  • 解像度 WQHD 程度
  • タッチ可
  • 質量 1.3 kg 前後以下
  • バッテリー 50Wh 程度以上 (Web ブラウジングで概ね 9 時間程度以上)
  • 中国企業以外

XPS 13 2-in-1 の 2019 年モデルでようやく、多少の不満はあるものの概ね満足できるものとなったため、購入した。
(今までは ThinkPad T490s がかなりいい線を行っていたが、Lenovo である点、WQHD だとタッチ不可な点でアウト)

2019年8月中旬時点でこれ以外に要件を満たすものがなく、来月以降出てくるものがあったとしても消費税の増税までに間に合わないだろうと考え、ここで妥協することにした。

Continue reading »

5月 212019
 

ストレージのインターフェースは、物理的形状の規格、電気的接続の規格、論理的なコントローラーの規格の 3 層に分かれていると解釈できます。
これらを正しく認識することによって、製品の特性を判別できるようになるでしょう。
規格によって複数の範囲をカバーしていたりして非常にややこしくはあるのですが。

規格の例
物理的 SATA, mSATA, SATA-Express, PCI-Express, M.2, U.2, USB Type-C
電気的 SATA, PCI-Express, USB
論理的 IDE/ATAPI, SCSI, AHCI, NVMe

SCSI を SATA 上に乗せれば SAS になったり、USB に乗せれば UAS になったり、TCP/IP に乗せれば iSCSI になったりするのもこれで納得ですよね?

SSD が M.2 なのに中身 SATA 接続だったり、PCI-Express 接続なのに AHCI だったりするケースがあることも理解できるでしょう。

他にも M.2 NVMe → USB ブリッジする製品などは、PCIe & NVMe を USB & UAS(SCSI) に変換しているため、シーケンシャル速度はともかく NVMe の最大のメリットである並列性の高いコマンドキューイングなどがどの程度維持されるのか心配といったことも見えてきます。

古い規格ほど全域をカバーしていることが多いように感じます。
古い規格がパフォーマンス上の都合により電気的規格を乗り換える際も、互換性を維持するためか論理的規格は残されたりして、SCSI なんかはしぶとく生き残っているわけです。

6月 142018
 

富士通から小学生向けノートPCとして2-in-1の LIFEBOOK LH55/C2 とクラムシェルの LIFEBOOK LH35/C2 が発表されました。

個人的には割とよく出来てるなという感想だったのですが、Twitter で結構叩かれてるのを見かけたのでムキになって雑記を。。

物理的な仕様については下記サイトがよくまとまってるので細かい話はそちらを参照してください。

多くの小学生に最初に買い与える PC としては十分な設計であり、内容の割には価格も抑えられていると考えています。

Continue reading »

3月 142016
 

ここ1年で色々おかしくなっていたので修理に出した。
なんだかんだで2週間位かかってしまった……

症状

  • 本体とACアダプタの接触が悪く、充電されないことがある(接続している端子の向き等による)。
  • 充電しながらの使用中などにケーブルの本体とACアダプタの接点部分が加熱することがある(異臭がすることも)。
  • 液晶の左ヒンジが僅かにグラつき、開け閉めする際に安定しなかったりパキっと音がしたりすることがある。
  • キーボードのEnterキーやSpaceキーの感触がおかしく、反応が鈍くなっていたことがあった。
  • 裏面手前の長いゴム足が剥がれてきていたため、やむを得ず市販の両面テープで付け直した。
  • 画面を開いた際に液晶下部と地面との接点となる爪のうち、左側の爪がグラつく。

Continue reading »

4月 102015
 

使ってたMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)が重い&バッテリー持たないで悩まされていたけど、ようやくある程度軽くてメモリ16GB積めるノートPCが出たので買ってしまった話。
MBPRからCPUと解像度は落ちてしまうが、15→13インチなのでまぁ仕方がない……

結論から言えば、InstantGo対応端末である点以外は概ね満足。
InstantGoを採用した事だけは許せない。。

Continue reading »