7月 082019
 
Pocket

参照: 1903: dwm.exe goes to 100% CPU on remote host after disconnecting from RDP session... Can anyone reproduce? : Windows10

リモートデスクトップホストとなっているマシンが RDP セッションを切断された場合、dwm.exe が CPU を異常に消費するようになる問題があるらしい。
報告によると Intel, NVIDIA の GPU で発生しているようだが、私の再現環境は AMD(Radeon HD7750) なので、GPU メーカーには依存しない模様。

参照: Graphics Forum - Intel® Community Forum

以下のグループポリシーを 無効 にすることで回避できる。

グループポリシー
-> コンピューターの構成
-> 管理用テンプレート
-> Windows コンポーネント
-> リモート デスクトップ サービス
-> リモート デスクトップ セッション ホスト
-> リモート セッション環境
-> リモート デスクトップ接続に WDDM グラフィック ディスプレイ ドライバーを使用する

1903 からリモートデスクトップに WDDM ベースのドライバーが用いられるようになったが、そこにバグがあることが原因ではないかと推測されている。

このリリース以降、リモートデスクトップサービスでは、1つのセッションリモートデスクトップに Windows ディスプレイドライバーモデル (WDDM) ベースの間接ディスプレイドライバー (IDD) が使用されます。 Windows 2000 のディスプレイドライバーモデル (XDDM) ベースのリモートディスプレイドライバーのサポートは、今後のリリースで削除される予定です。 XDDM ベースのリモートディスプレイドライバーを使う独立系ソフトウェアベンダーは、WDDM ドライバーモデルへの移行を計画する必要があります。
Windows 10 バージョン 1903-削除された機能 | Microsoft Docs

追記 (2019/10/25)

オプションパッチながら KB4522355 で修正された模様。

Addresses an issue with high CPU usage in Desktop Window Manager (dwm.exe) when you disconnect from a Remote Desktop Protocol (RDP) session.
October 24, 2019—KB4522355 (OS Build 18362.449)

  2 Responses to “Windows 10 1903 アップデート後 dwm.exe が異常に CPU を消費する事がある”

  1. 同じ症状で悩んでいました。なかなか解決策が見つけられず途方に暮れていましたが、この記事にたどり着け解決しました。ありがとうございました。

  2. 私も記事の内容で解決することができ助かりました。ありがとうございました。

 Leave a Reply