9月 162015
 

Metro.cs #1ぐらばくセッションの後半として喋ったやつです。
実装と言いつつ概要レベルですが。
時間が短かったのもあって雰囲気くらいしか分からなかったのではないかという予感がしているので、詳しいことはソースコードを見つつテストコードをデバッグ実行しながら確かめてみてください。。

Continue reading »

8月 112015
 

とりあえず簡単に。
ちゃんとしたのはそのうち気が向いたら書くかも。
でも既存開発者はわかってる人たちだからこれでも十分な気が……

新規開発も追々。
むしろちゃんと書くべきはこっち。。

KanColleViewer 4.0

KanColleViewer 4.0 がリリースされましたが、プラグインシステムが刷新されたため、3.x のプラグインは利用できなくなりました。

Release version 4.0 · Grabacr07/KanColleViewer

プラグイン システムの刷新 (version 3.8.2 またはそれ以前に向けて作られたプラグインは使用できなくなります)

というわけで、3.x プラグインをどう移行すればいいかを 雑に 簡単に説明します。

実際のコードは、本体に付属しているプラグインの実装などを参考にすると良いでしょう。

Continue reading »

7月 212015
 

仕様的な

  • Analyzer を使う際、Analyzer の依存アセンブリも Analyzer として参照追加する必要がある
    • 通常の参照追加じゃダメ
  • NuGet を用いた Analyzer のインストールは install.ps1 で行われる
  • RTM 版テンプレートの install.ps1 では、nupkg 解凍直下の analyzers ディレクトリにある dll を Analyzer として登録する
  • ので、上手いことそこにアセンブリが配置されるよう nuspec を書く必要がある
  • だがどうやら lib 配下以外に配置すると pack 時に怒られるので、-NoPackageAnalysis オプションが必要
  • この仕様では、Analyzer の依存アセンブリは同梱配布しかできないのではないか疑惑 (PowerShell頑張ればなんとかなるんだろうか)

とりあえずどうすればいいのか

  • csproj を使って nuget pack する前提の nuspec を書くパターン
  • bin\$configuration$\ 直下の dll を全部 analyzers ディレクトリに突っ込むようにする(Analyzer 開発用アセンブリは除外)
  • Analyzer が依存してるアセンブリの「ローカルにコピー」を True にして含まれるようにする
  • プロジェクト新規作成時点で指定されている packages.config の中身は開発時しか使わないので developmentDependency=”true” にして利用時の依存を除外

こんな感じ。

<?xml version="1.0"?>
<package xmlns="http://schemas.microsoft.com/packaging/2011/08/nuspec.xsd">
  <metadata>
    <id>$id$</id>
    <title>$title$</title>
    <version>$version$</version>
    <authors>$author$</authors>
    <owners>$author$</owners>
    <licenseUrl>http://LICENSE_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</licenseUrl>
    <projectUrl>http://PROJECT_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</projectUrl>
    <requireLicenseAcceptance>false</requireLicenseAcceptance>
    <description>$description$</description>
    <language>ja-JP</language>
    <tags>analyzers</tags>
    <frameworkAssemblies>
    </frameworkAssemblies>
    <dependencies>
    </dependencies>
  </metadata>
  <files>
    <file src="bin\$configuration$\*.dll" target="analyzers\" exclude="**\Microsoft.CodeAnalysis.*;**\System.Collections.Immutable.*;**\System.Reflection.Metadata.*;**\System.Composition.*" />
    <file src="tools\*.ps1" target="tools\" />
  </files>
</package>

で、こう

[crayon]
nuget pack Hoge.csproj -NoPackageAnalysis -Properties Configuration=Release
[/crayon]

7月 102015
 

参照 : Damir’s Corner – Quick Guide to Unit Testing Diagnostic Analyzers

Visual Studio 2015 RC にて、.NET Compiler Platform SDK Templates for RC の「Analyzer with Code Fix」テンプレートで Analyzer 用のプロジェクトを作成すると、自動的にテストプロジェクトも生成されます。

んでもってこれを使ってテストコードを書くわけですが、どうやらここでテストコードに与えるソース文字列がコンパイル通らないコードだとテストに失敗することがあるようです。

で、アセンブリ参照が足りない場合なんかも同様にコケるわけですが、テストプロジェクトにアセンブリ参照を追加しても残念ながら参照してくれません。

ではどうすれば良いかというと、テストプロジェクトの Helpers/DiagnosticVerifier.Helper.cs 内の CreateProject メソッドにアセンブリ参照を追加している箇所があるので、そこに追加します。

public abstract partial class DiagnosticVerifier
{
//中略
    private static readonly MetadataReference KanColleViewerCompositionReference
        = MetadataReference.CreateFromAssembly(typeof(Grabacr07.KanColleViewer.Composition.IPlugin).Assembly);
    private static readonly MetadataReference SystemComponentModelCompositionReference
        = MetadataReference.CreateFromAssembly(typeof(System.ComponentModel.Composition.ExportAttribute).Assembly);
//中略
private static Project CreateProject(string[] sources, string language = LanguageNames.CSharp)
{
    string fileNamePrefix = DefaultFilePathPrefix;
    string fileExt = language == LanguageNames.CSharp ? CSharpDefaultFileExt : VisualBasicDefaultExt;

    var projectId = ProjectId.CreateNewId(debugName: TestProjectName);

    var solution = new AdhocWorkspace()
        .CurrentSolution
        .AddProject(projectId, TestProjectName, TestProjectName, language)
        .AddMetadataReference(projectId, CorlibReference)
        .AddMetadataReference(projectId, SystemCoreReference)
        .AddMetadataReference(projectId, CSharpSymbolsReference)
        .AddMetadataReference(projectId, CodeAnalysisReference)
        .AddMetadataReference(projectId, KanColleViewerCompositionReference)
        .AddMetadataReference(projectId, SystemComponentModelCompositionReference)
        ;

    int count = 0;
    foreach (var source in sources)
    {
        var newFileName = fileNamePrefix + count + "." + fileExt;
        var documentId = DocumentId.CreateNewId(projectId, debugName: newFileName);
        solution = solution.AddDocument(documentId, newFileName, SourceText.From(source));
        count++;
    }
    return solution.GetProject(projectId);
}
//以下略

これでアセンブリが参照されるようになり、テストが通るようになります。

これは RC 版でのテンプレートの問題なので、もしかしたら将来変更されるかもしれませんね。